Old Church’s Grafton 旧旧旧チャーチ 都市無し表記
hot
5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75 5e1b24b96899fd55e6cdda75

Old Church’s Grafton 旧旧旧チャーチ 都市無し表記

残り1点

¥47,800 税込

送料についてはこちら

1960s Church’s Grafton 旧旧旧チャーチ 【Size】 表記 10 ウィズ C/D 【詳細】 最大長31.2cm 最大幅11.2cm 【color】 Black 【Note】 1873年靴作りの町として有名なイギリスのノーサンプトンで創業したChurch’s。 1999年にプラダグループの傘下に入るまでは、創業一族による経営が行われていました。 傘下に入る前の旧チャーチ(3都市表記)や旧旧チャーチ(2都市表記)は、クオリティーが高く探されている方も多いと思いますが、旧旧チャーチは年々目にする機会が少なくなっていると思います。 今回紹介するペアは、それ以前の1960年代前半に生産された旧旧旧チャーチ(都市無し表記)。 ビンテージチャーチの中で最も古いチャーチになります。 1950年代のペアはCHURCH&COというロゴになります。 大げさ過ぎるかもしれませんが、幻のペアと言ってもいいのではないかと思います。 作りも現代では考えられないほど精密で、素材も極上の物を使用、現代のビスポークシューズよりも素材に関しては、優っていると思います。 しかも人気の高いデザインのGrafton。 Florsheim初期ロイヤルのStratfordにそっくりなペアですが、個人的な意見ですがこちらの旧旧旧チャーチのGraftonの方がクオリティーは高いと思います。 ソール、トップリフト共にオリジナルです。 アッパーには目立つダメージや汚れなどありません。 右足の内側のライニングを接着剤か何かで直した後がありますが、使用には問題ありません。 正直サイズが合う方、羨ましいです。 【Condition】 使用感のあるUSED。 右足履き口パイピングにダメージあり。